ロードレース保険はこちら! ペットの保険 ご案内とお申込み 新海外旅行保険 インターネット契約サービス専用

ドローン保険(個人向けホビー用)

ドローン保険(個人向けホビー用)はドローンの個人所有で趣味やレジャー目的の方が加入できる個人のドローン保険です。

 

趣味やレジャーとしてのドローン利用はさまざまな趣味において活躍しております。個人趣味での写真撮影や動画撮影をはじめ、今後その利用目的は一層の拡大や普及が見込まれています。

その反面、ドローンの利用には、落下や衝突等により、機体自体の損壊や第三者への損害賠償の危険が伴います。高額な損害賠償や裁判費用などを個人で負担するのは大変です。ケガによる死亡・後遺障害を補償するだけでなく、法律上の損害賠償責任が発生した場合の費用や、携行品の損害等も補償できるためご加入をおすすめしています。

 

法人所有の業務使用のドローン保険はこちらです。

※ フジテレビ「さまぁ〜ずの神ギ問」放映日2018.1.15でご紹介いただいたドローン保険(ホビー用)はこちらの商品です。ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

ドローン保険(個人向けホビー用)のご案内「パーソナル総合傷害保険~タフ・ケガの保険~」


このドローン保険(個人向けホビー用)はドローンの個人所有で趣味やレジャー目的の方がご加入できます。法人や業務使用の場合はご加入できません。

 

傷害保険にドローン機体を補償できる携行品特約をセットしたプランをご案内いたします。

ドローン保険(個人向けホビー用)はケガによる死亡・後遺障害の基本補償に加え、ドローンの機体の損害を補償する「携行品損害補償」と第三者への賠償を補償する「個人賠償責任危険補償」と他人から借りたドローンなどを補償する「受託物賠償責任補償」を特約でセットしました。

おすすめするドローン保険(個人向けホビー用)プラン

ご契約期間(保険期間)1年間 普通傷害・本人型
おすすめプラン
ご契約金額 基本補償   死亡・後遺障害保険金額 188.6万円 
  携行品損害保険金額
  (免責金額:1事故3,000円)
10万円 
  個人賠償責任危険保険金額
  (免責金額:0円)
  (示談交渉サービス付き)
1億円 
  受託物賠償責任保険金額
  (免責金額:1事故5,000円)
 10万円 
  弁護士費用等保険金額
  (法律相談費用は5万円)
 300万円 

一時払保険料

10,000円 

 

このドローン保険(個人向けホビー用)は保険開始日時点の年令が満70才未満の方がご加入できます。

日常生活中のケガによる死亡・後遺障害を国内・国外を問わず24時間補償します。

外出時にドローンの機体や撮影機材、および日常生活中における携行品が偶然な事故により破損したり盗難にあった場合の修理費などを補償します。(1個1組10万円、1事故につき保険金額限度)。

ドローン操作中や日常生活中に偶然な事故で他人にケガを負わせてしまったり、他人の財物を壊したことについて法律上の損害賠償責任を負担することになった場合に補償します。(示談交渉サービス付き)

他人から借りたドローンを使用中に偶然な事故により壊してしまった場合などの受託物賠償責任もセットしています。

 

次年度以降のご継続は「自動継続方式」なので、便利で安心、継続忘れも防げます。
(注)保険金請求事故が多発した場合などについては、継続を中止することがあります。

支払われる保険金

死亡・後遺障害保険金 事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に、死亡されたり後遺障害が生じたりした場合、死亡・後遺障害保険金をお支払いします(死亡の場合は死亡・後遺障害保険金額の全額、後遺障害はその程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%から100%となります)。ただし、お支払いする後遺障害保険金の額は、保険期間を通じ、合算して死亡・後遺障害保険金額を限度とします。
携行品損害保険金 被保険者が居住する住宅(敷地を含みます)外において、偶然な事故により、被保険者が携行している被保険者所有の身の回り品に損害が発生した場合。
その場合、携行品1個、1組または1対あたり10万円(乗車券等、通貨、小切手は合計5万円)を限度にその修理費用または時価額(同等のものの再取得額から使用による消耗分を差し引いた額)をお支払いします。免責金額(自己負担額)は1事故につき3,000円、1事故につき携行品損害保険金額がお支払いの限度となります。携行品が盗難にあった場合は、警察等への届け出が必要となります。

身の回り品として補償の対象外となるものがあります。下記記載の「すべての場合において保険の対象になりません」をご確認ください。
個人賠償責任危険保険金 次のいずれかの事故により、他人の身体の障害または他人の財物の損壊について、法律上の損害賠償責任を負担することによって損害を被った場合。
①被保険者ご本人の居住する住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
②日常生活に起因する事故
受託物賠償責任保険金 被保険者が管理する受託物が、次のいずれかの間に損壊・紛失または盗難により、その受託物の権利者に対して法律上の損害賠償責任を負担することによって損害を負った場合
① 被保険者の居住する住宅(敷地を含みます)内に保管されている間
② 日常生活中に一時的にその住宅外で管理されている間

受託物として補償対象外となる物がありますのでパンフレットでご確認ください。

補償の開始日について

 補償の開始日について(原則)

お客様からの契約申込書の弊社到着日により下記の通りとなります。
  火曜日までに弊社到着分 → 保険開始日は金曜日
  木曜日までに弊社到着分 → 保険開始日は翌週火曜日
  毎月20日以降に到着分は曜日によらず、原則翌月1日の保険開始日となります。 

    但し、月末到着分はこの限りではありません(お手続き完了後、弊社より保険開始日のメールをお送りいたします)

また、ご希望の補償開始日がおありの場合は、10日以上先の開始日をご指定ください。

 

お申込手続き

ドローン保険(個人向けホビー用))にお申込み希望の方または資料請求希望の方は、下記「お申込み・資料請求」フォームより資料請求」と「ドローン保険(ホビー用)」を選択の上、送信をお願いいたします。

 

当社よりご加入に必要な契約申込書およびパンフレット類をお送りいたしますので、書類が届きましたら、契約申込み書類に必要事項をご記入の上、当社までご返送くださいませ。

 

ドローン保険(個人向けホビー用)のご加入手続きには「契約申込書」のご提出が必要です、ネット加入はおこなっておりませんのでご了承くださいませ。

※推奨販売方針のご確認(保険業法改正に基づき)
当社は、お客様のご要望に沿った商品の提供を目的として、損害保険会社5社の取扱いをしています。ただし、こちらのドローン保険(個人向けホビー用)は「個人の趣味利用」におけるドローン機体を補償する引受保険会社が、あいおいニッセイ同和損保社に限定されるため他の保険会社との比較検討をせずに販売いたします。お申込み・資料請求をいただく際にはご了承のうえお願いしたします。

   

携行品損害特約についての留意点

ドローン機体の場合

 

ドローンの機体が携行品として補償の対象になるのは、被保険者が居住する住宅(敷地を含みます)外において偶然な事故により、被保険者が携行している被保険者所有のドローンに損害が発生した場合です。
例えばドーロンの墜落落下による破損、盗難などです。
※ただし原因が分からない墜落による破損は支払い対象外となります。

 

保険金をお支払いする損害の額は、1事故につき10万円を限度にその修理費用または時価額(同等のものの再取得額から使用による消耗分を差し引いた額)をお支払いします。免責金額(自己負担額)は1事故につき3,000円あります。

 

またドローンの機体が盗難にあった場合は警察等への届け出が必要となります。

日常生活中の携行品の場合

 
携行品として補償の対象になるのは、被保険者が居住する住宅(敷地を含みます)外において、偶然な事故により、被保険者が携行している被保険者所有の身の回り品(カメラ等)に損害が発生した場合です。

保険金をお支払いする損害の額は、1事故につき1個、1組または1対あたり10万円(乗車券等、通貨、小切手は合計5万円)を限度にその修理費用または時価額(同等のものの再取得額から使用による消耗分を差し引いた額)をお支払いします。
免責金額(自己負担額)は1事故につき3,000円、1事故につき携行品損害保険金額がお支払いの限度となります。
携行品が盗難にあった場合は警察等への届け出が必要となります。

すべての場合において下記のものは保険の対象になりません

 

① 株券、手形、定期券、印紙、切手その他これらに類する物。ただし、定期券以外の乗車券等および通貨、小切手については補償対象となります。
② 預貯金証書、キャッシュカード、クレジットカードその他これらに類する物
③ パスポートその他これらに類する物
④ 稿本(本などの原稿)、設計書、図案、帳簿その他これらに類する物
⑤ 船舶、自動車、原動機付自転車、自転車およびこれらの付属品
⑥ 被保険者が山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの、ロッククライミング等をいいます)、職務以外での航空機操縦、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗等の危険な運動を行っている間に用いられる用具
⑦ 被保険者がテストライダー、オートバイ競争選手、自動車競争選手、自転車競争選手、プロボクサー、プロレスラー等やその他これらと同程度またはそれ以上の危険を有する職業に従事している間に用いられる用具
⑧ 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類する物
⑨ 動物、植物     など
その他これらに準ずる物で保険の対象にならないものがありますので、必ず取扱代理店・引受保険会社にお問合せのうえご確認ください。

すべての場合において補償開始日以前の損害は補償の対象になりません

 

いかなる場合におきましても、補償開始日(保険始期日)以前に発生していたドローン機体・携行品・用具の破損等の損害は、補償の対象となりません。
誤って保険金請求をなさいませんようにご注意ください。

  

引受保険会社

※このご案内は概要を説明したものです。詳しい内容については弊社までお問合せ・資料請求をお願いします。

 ご加入の際はお送りするパンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をよくご確認いただき、不明な点はご遠慮なくお問合せのうえ、ご加入ください。