イベント会社総合保険はこちら ロードレース保険はこちら! 新海外旅行保険 インターネット契約サービス専用

イベント保険 よくある質問

見積り請求と契約手続きについて

Q.イベント保険の見積り請求の仕方

A.イベント保険のお見積りは無料でお作りしています。

下記URLまたはイベント保険のページ本文中の、緑色のボタン「見積り・問合せフォーム」から入り、必要項目やイベントの内容を入力して送信してください。見積書をメール添付でお送りいたします。

お見積り・問合せフォームはこちら

 

Q.イベント保険の契約手続き方法

A.お見積りのプランが決まりましたら、その旨メールまたは電話でご連絡をお願いいたします。

 

①当社から、契約のための申込書と保険料の振込請求書をメール添付で送信いたします。

②申込書記載の「契約者名・所在地・保険期間・保険料など」をご確認ください。

「申込みます」の承諾メールの返信をお送りください。
記載内容に誤りや不都合があった場合は訂正内容をご連絡ください。訂正した申込書を再送いたします。

事務手続き上、「申込みます」の返信はお早めに送信をお願いいたします。

 ↓

③保険料のお振込

保険料は払込期日までに銀行振り込みでお願いします(クレジット払い、キャッシュレス決済は対応しておりません)。

● 振込先は別途メールでお送りする請求書に記載された銀行口座となります。

 

●保険料領収証の発行は省略しております。必要な場合はご連絡ください。
発行される領収証はすべて申込書に記載の「契約者名義」で発行されます。規定により宛名を別の名義では発行できません

Q.保険料の支払い方法

A.イベント関連の保険はすべて銀行振り込みでお願いいたします(保険料領収証の発行は省略しております。必要な場合はご連絡ください)。

クレジットカード払いやキャッシュレス決済には対応してございません。

Q.領収証の宛名について

A.発行される領収証はすべて申込書に記載の「契約者名義」で発行されます。規定により宛名を別の名義では発行できません。

Q.領収証の宛名を変更して欲しい

A.領収証は契約者に発行されますので、宛名を別の名義には変えられません

領収証の宛名を変更するということは補償の対象者や補償の内容を変更することになってしまいます。

Q.保険証券はどのくらいで届きますか?

A.保険証券は約10日から2週間ほどで保険会社より申込書に記載のご契約の住所に直送されます。

保険証券が届いていなくても、申込手続きが完了していれば補償は有効です。

また保険証券の到着前にイベント関係機関に保険が付いている証明の提出が必要な場合は、別途「付保証明書」を発行しますのでご相談ください。発行には数日かかる場合があります。

補償の内容について

イベント保険には「個人」でも加入できますか?

A.はい、加入できます。
イベント保険は個人・法人を問わずイベントを開催または運営される方は誰でも加入できます。

また法人格を持たない組織やグループでの加入もできます。
例えば、〇〇イベント実行委員会、〇〇県観光協会、趣味の〇〇同好会、〇〇PTA、〇〇大学研究会 などなど。

主催者とは誰のことですか?

A.イベント保険ではイベントや行事・レクリエーションを開催または運営する方を主催者と定めます。

またイベントの大元の主催者とは別に、イベントを実際に運営する方もイベント保険では「主催者」として扱います。
例えば大規模マルシェに出店する1出店者も自分のお店を運営する主催者としてイベント保険に加入できます。

Q.イベントの参加者が少人数ですが保険に入れますか?

A. 少人数でも入れます。イベント賠償責任保険には人数の制限はありません、1名から入れます。

イベント参加者の名簿は必要ですか?

A.参加者の名簿は必要ありません。
イベント保険はイベントの特性である不特定の参加者を前提に設計されています。
またイベント当日には参加者の増減も予想されますので、人数も予想の延べ人数で加入します。
参加の可否をギリギリまで待つ必要がなく、早期に保険の手配が可能です。

Q.イベント保険は何歳から加入できますか? 

A. イベント参加者の保険適用の対象年齢についてはお申込みの保険種類によって異なります。

● イベント賠償責任保険・レクリエーション傷害保険・施設入場者傷害保険の場合は、年齢制限はありません。

● 傷害総合保険・国内旅行保険の場合は、補償の内容によって制限があります。お申込みの際はよく打合せ・ご確認をお願いします。

Q.補償の開始(保険期間の開始)は何時からですか? 

A.補償の開始時刻(保険期間の開始)と終了時刻はお客様のお申込みの保険種類によって異なります。

 ● イベント賠償責任保険の場合は、開始時刻は保険期間初日の原則午前0時(深夜)でご案内しています。終了時刻は必ず午後4時です。

 ● 傷害総合保険の場合は、開始時刻は保険期間初日の原則午前0時(深夜)でご案内しています。終了時刻は必ず午後4時です。

 

 ● レクリエーション傷害保険・施設入場者傷害保険・国内旅行保険の場合は、開始時刻は必ず保険期間初日の午前0時(深夜)です。終了時刻も必ず午前0時(深夜)です。

Q.イベントの参加者の「イベント会場までの往復途上の間」の事故は対象となりますか? 

A.イベントの参加者や来場者の「イベント会場までの往復途上の間の事故」の補償はお申込みの保険種類によって異なります。

 

● イベント賠償責任保険の場合は、「イベント会場までの往復途上の間の事故」は補償対象外です。

● レクリエーション傷害保険・施設入場者傷害保険はお客様の申し出により「イベント会場までの往復途上の間の事故」を補償することができます。ただし往復途上での寄り道での事故は補償しません。

● 傷害総合保険は補償の内容によって「イベント会場までの往復途上の間の事故」は対象の可否が異なります。

● 国内旅行保険の場合は、「イベント会場までの往復途上の間の事故」は補償します。

見積書について(イベント賠償責任保険)

Q.保険期間の表記について 【 例 5/1深夜0時~5/2 】

A.「5/1の午前0時(深夜)から保険開始。 5/2の午後4時に保険終了」の意味となります。
イベント賠償責任保険では規定により必ず午後4時に終わってしまいます。 そのためイベントが午後4時を過ぎる場合はもう1日プラスしてご案内しています。

イベントが中止になった場合

Q.悪天候などによりイベントが中止になったらキャンセルできますか? 

 A.イベントの開催が中止になった場合にお申込のキャンセルが可能です、保険料をお返しいたします(書面による手続きが必要)。

イベントが開催日前日または開催日当日の開催時刻前までに弊社までご連絡をお願いします。

延期の場合も延期日をご連絡くださいませ、延期の手続きが必要です。


★イベント開催中止・延期の連絡先はこちらです。
スマホ・パソコンから➡https://req.qubo.jp/ghs6051/form/ec
メール➡ event@goodhoken.co.jp
電話➡ 0120-729-611 または 03-5413-7007(留守番電話時は契約者名や証券番号、連絡先の電話番号などを録音してください)
FAX➡ 03-3401-9010

もしも事故が起こったら?

Q.イベントでケガ人が発生しました どのように対応すればよいですか? 

A.イベント開催でケガ人の事故が発生した場合(イベント賠償責任保険の場合)

 

①ケガをされた場合は治療費・見舞い品代・見舞金をお支払します。
●治療費等は契約者様が負傷者の方に一旦振込でお支払いいただき、後日保険会社から契約者様にお支払いいたします。
●負傷者の方から治療費の領収証を必ず受け取ってください。
●病院への治療は、健康保険が使用できます。

 

②現場の写真を撮っておいてください。
●事故が起きた近接的な写真や周囲の環境が判る写真もお撮りください。

 

③事故の報告は平日に弊社までご連絡をお願いします
●TEL 0120-729-611 または 03-5413-4911
●FAX 03-3401-9010 
●MAIL info@goodhoken.co.jp (写真添付推奨) 

 

④事故の連絡内容(第1報)

●事故日と事故状況 
例)5月5日13時頃。 ○○神社のお祭りの境内で、突然突風が吹きテントが飛ばされ、参加者の頭にぶつかりケガをさせてしまった。

●負傷者の方のお名前、年齢(生年月日)、住所、連絡先
  例)○○太郎。10歳くらい。東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目 〇-〇 090-1234-5678

●負傷部位の状況
  例)頭部がきれて出血。通院中。

 

●この内容のPDFファイルはこちら

その他の質問

Q.イベントを実施する同好会です。同好会代表は「イベント主催者」ですか? 

A.「イベントの主催者」です。

イベントを企画、運営する立場の人や組織は「イベントの主催者」であり、事故が発生した場合にはその過失責任に基づき、被害者に対して損害賠償を負担することになります。

Q.申し込み後、イベント当日に人数が変わった場合は受け取る保険金は変わりますか? 

A.原則的に以下の規定となります。

 

①主催者の賠償責任保険(イベント賠償責任保険)の場合

変動はありません。不特定多数の参加者を予想人数で申し込みますので、当日に参加者の人数の増減があったとしても受け取る保険金は変わりません。

 

②レクリエーション傷害保険、施設入場者傷害保険、その他傷害保険の場合

申込時の参加者名簿(備え付け)に記載された人に対してのみ、保険金を支払います。