イベント保険はこちら ペットの保険 ご案内とお申込み 新海外旅行保険 インターネット契約サービス専用

ロードレース保険

ロードレース保険(車体とパーツ補償)-パワフルタイプ

 

このロードレース保険は自転車競技中における自転車の車体とパーツを補償する保険です。
プロのレース、競輪、中学・高校・大学の大会等に使用する自転車がご加入できます。

 

国内におけるロードレースやトラックレースおよび競輪などの自転車競技中や練習中での落車や衝突などにより、車体やパーツに破損・亀裂・曲損などの損害が起きた場合に補償します(盗難も補償)。
全損時は購入金額を修理可能な場合は修理費などの保険金をお支払いします。

今まで自転車競技やレース中における競技用の自転車の損害を補償する保険はありませんでした。
このロードレース保険(車体とパーツ補償)は自転車競技にご活躍されている選手とプロのレーサー、競輪選手の方のための保険です。どうぞレース中の事故の憂いをはらい、高みを目指していただければ幸いです。


 

ロードレース保険 エコノミータイプのご案内

ロードレース保険(車体とパーツ補償)-パワフルタイプの他に、保険料が安価な「フレームとフロントフォーク」のみを補償するエコノミータイプもご用意しています。併せてご検討ください。

ご案内のページはこちら

Ride.1 おすすめのポイント

1 競技・レース中の損害も補償

国内のロードレースやトラックレースなどの競技・レース中はもちろん公道などでの練習中や日常生活中に起きた不測かつ突発的な事故による損害が補償されます。

 
2 その他のパーツの損害も補償

車体およびその他のパーツも補償の対象となります(その他のパーツは、フレームと同時に損害が生じた場合にのみ補償の対象となります)。

 

 
3 自転車の盗難も補償

建物内外でのレース用自転車の盗難を補償します(屋外では自転車に施錠、屋内保管時には建物自体に施錠が必要です)。

Ride.2 ロードレース保険 保険料表

 

保険料表・5万円刻み表示 (2020年3月現在)

(例) 保険期間 2020年4月1日から1年間

 

ご契約期間(保険期間)1年間   免責金額(自己負担額):1事故5万円または3万円

主な特約:新価保険特約 臨時費用保険金支払い(盗難事故の場合は支払対象外)

契約金額
(保険金額)

一時払保険料(保険期間1年)

免責金額5万円プラン

(全損時は免責なし)

免責金額3万円プラン

(全損時は免責なし)

10万円

22,000円

23,000円

15万円

33,000円

34,500円

20万円

44,000円

46,000円

25万円

55,000円

57,500円

30万円

66,000円

69,000円

35万円

77,000円

80,500円

40万円

88,000円

92,000円

45万円

99,000円

103,500円

50万円

110,000円

115,000円

55万円

121,000円

126,500円

60万円

132,000円

138,000円

65万円

143,000円

149,500円

70万円

154,000円

161,000円

全損時のお支払保険金について
盗難事故以外で損害が全損となった場合には免責金額(5万円または3万円)を控除せずに保険金をお支払いします(免責なし)。
※「全損とは1回の事故によって生じた損害の額が、契約金額に相当する額以上となること、または修理が不可能な場合をいいます」

ご契約の対象となる自転車について

●レース(プロのレース、競輪、中学・高校・大学の大会等)に使用する自転車で、購入後5年以内の自転車をお引受いたします。 ただし盗難事故については購入後3年以内の自転車が保険金お支払いの対象となります。

契約金額(保険金額)の決め方

●契約金額(保険金額)は保険の対象となる自転車の購入金額(消費税込み)を元に設定します。 完成車ではなく個別パーツごとに購入されている場合には、全てのパーツの購入金額を合計した金額を元に設定します。

 

●契約金額(保険金額)は5,000円単位で設定します(消費税込み)。

補償の対象となるパーツ

●「フレーム及びフロントフォーク」以外のパーツ(ハンドル、サドル、ペダル、車輪、タイヤ など)の損害は、右図の「フレーム本体またはフロントフォーク」と同時に損害が生じた場合に補償の対象となります。

 

ご注意! ハンドル、サドル、ペダル、車輪、タイヤなどに単独で生じた損害については、補償補償の対象となりませんのでご注意ください。

 

お申込み手続き


 

ロードレース保険(車体とパーツ補償)にお申込み希望の方は、下記「お申込みはこちらから」より必要項目などを入力のうえ送信をお願いします。

 

申込時に必要な項目

● フレームの製造番号とメーカー名 
● 車体およびパーツを含む購入金額と購入年月
 購入後3年以内自転車は、車体の写真と防犯登録証を貼った車体の写真(競輪用は不要)
● 補償開始希望日(事務手続き上、申込日より10日以上先の希望日)

 

おすすめする自転車競技

ロードレース

 

トラック競技・レース

 

競輪

Ride.3 保険金をお支払いする場合

不測かつ突発的な事故による損害を補償します(盗難も含む)


保険金をお支払いしない主な場合(Ride5参照)を除き、不測かつ突発的な事故により保険の対象に生じた損害が保険金のお支払いの対象となります(盗難も含む)。

● 自転車競技・レース中や練習中の落車・転倒・衝突などによる破損

● 火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹災、雪災 

盗難

● 運送中の衝突・脱線・転覆などの事故 

● その他の不測かつ突発的な事故による破損

● 全損の場合は保険価額または保険金額のどちらか低い額をお支払いします。

 

● 修理可能な場合は修理費用から免責金額を控除した額をお支払いします。(Ride4参照)
ただし修理を実施しない場合は時価額算出方式(減価償却あり)でのお支払いとなります。

事故例

事故例 1

ロードレース中に集団落車に巻き込まれ、ロードレーサーのカーボン製のフレームが破断してしまった。

 
事故例 2

山岳ステージ下り坂、先行争いで他の選手と接触、カーブを曲がり切れずコースアウトし落車。アルミ製フレームに亀裂が入ってしまった。

 
事故例 3

トラックレースゴール前、バランスを崩し落車、そのままフェンスに激突。

フレームとハンドルも破損してしまった。

保険金の支払い例

保険金のお支払い例 (ご契約内容 3年前購入・保険金額30万円・免責金額5万円)

 

● 修理不能で全損となった場合(再調達価額30万円)

契約金額30万円 + 臨時費用保険金9万 = 支払保険金39万円

 

● 修理を実施した場合(修理見積額15万円

修理見積額15万円 - 免責金額5万円 + 臨時費用保険金3万 = 支払保険金13万円 

※修理を実施しない場合は再調達価額ではなく、時価額算出方式(減価償却あり)でのお支払いとなります。

盗難補償に関するご注意事項

 
   盗難の場合購入後3年以内の自転車のみが補償の対象となります。
   保険価格は新価で設定し、盗難の場合は「保険金額の70%-免責金額」を保険金としてお支払いします(縮小支払割合70%)。
 ご契約時に現物の確認として車体のお写真(データ等で撮影日が確認できるもの)をご提出いただきます。
 ご契約前に防犯登録(車体に貼った防犯登録の写真)が必要です。ただし、公道を走行しない競輪用の自転車については防犯登録を必須としませんが、その場合は建物内保管中のみの補償となります。
    屋外での盗難は施錠された自転車のみがお支払いの対象です。建物内保管中は自転車の施錠は問いませんが、建物に施錠が必要です。盗難事故が発し↓場合はかならず盗難届出が必要です。
●    全損(自転車全体の盗難)の場合のみ保険金お支払いの対象となります。自転車の一部パーツの盗難は補償の対象となりません。

Ride.4 お支払いする保険金

この保険の普通保険約款および自動セットされる特約条項でお支払いする保険金は次のとおりです。
※詳細は、「保険約款」をご確認ください。

 

1.損害保険金

保険の対象について発生した損害について損害保険金をお支払いします。

損害額の算出は再調達価額に基づいて行います。

お支払いする損害保険金は保険金額を限度とします。(ただし、保険金額が再調達価額を超える場合は再調達価額を限度とします。)

 

<お支払いする損害保険金>

全損の場合・‥再調達価額または保険金額のいずれか低い額とします。
分損の場合・‥通常の修理費用を損害額とし、免責金額を控除してお支払いします。ただし、修理の結果、事故発生直前の状態よりも再調達価額が増加した場合は、増加額に相当する額を控除した額を損害額とします。なお、保険金額が再調達価額に満たない場合は、次の計算式により損害保険金を算出します。

 

保険金のお支払いが何回あっても保険金額は減額されず、ご契約は満期まで有効です。ただし、損害保険金のお支払いが1回の事故で保険金額(ただし、保険金額が再調達価額を超える場合は、再調達価額とします。)に相当する額となったときは、保険契約は損害発生時に終了します。

盗難事故の場合は、再調達価格または保険金額のいずれか低い額の70%から免責金額を控除した金額をお支払いいたします。

2.費用保険金

<お支払いする臨時費用保険金>
1回の事故につき、300万円を限度として損害保険金の30%に相当する額を臨時費用保険金としてお支払いします。
臨時費用保険金と損害保険金との合計額が保険金額(ご契約金額)を超過する場合にもお支払いします。

※盗難事故の場合には、臨時費用保険金のお支払はありません。

 

<次の費用保険金をお支払いする場合があります>
※詳細は、「保険約款」をご確認ください。
・残存物取片づけ費用保険金
・損害拡大防止費用
・権利保全費用 等

※この保険にセットされた主な特約条項は次のとおりです

※詳細は、「保険約款」をご確認ください。


新価保険特約条項
損害額の算出を再調達価額に基づいて行う特約条項です。ただし、損害が生じた日から2年以内に復旧を行わない場合は、時価額に基づいて損害額を算出してお支払いします。

Ride.5 保険金をお支払いしない主な場合(必ずご確認ください)

保険金をお支払いしない主な場合 その1

戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動によって生じた損害

差押え、収用、没収、破壊等国または公共団体の公権力の行使によって生じた損害(消防または避難に必要な処置によって生じた損害を除きます。)

次のいずれかに該当する事由によってその部分に生じた損害
  ・保険の対象の自然の消耗または劣化
  ・ボイラスケ-ル
  ・保険の対象の性質による蒸れ、腐敗、変色、変質、さび、かび、腐食、浸食、キャビテーション、ひび割れ、はがれ、肌落ち、発酵または自然発熱その他これらに類似の事由
  ・ねずみ食いもしくは虫食い等
保険の対象のかしによって生じた損害
核燃料物質やこれに汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故によって生じた損害
ご契約者、被保険者、保険金受取人またはこれらの者の法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反によって生じた損害
被保険者と世帯を同じくする親族の故意によって生じた損害     等

保険金をお支払いしない主な場合 その2

保険の対象に対する修理、清掃、解体、据付、組立、点検、検査、試験または調整等の作業における作業上の過失または技術の拙劣によって生じた損害(火災、破裂または爆発が発生した場合を除きます。)

電気的または機械的事故によって保険の対象に生じた損害(火災、破裂または爆発が発生した場合や不測かつ突発的な外来の事故の結果として発生した場合を除きます。)
詐欺または横領によって保険の対象に生じた損害
保険の対象の置き忘れまたは紛失によって生じた損害
地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
台風、暴風雨、豪雨等による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れ(崖崩れ、地滑り、土石流または山崩れをいい、落石を除きます。)、落石等の水災によって生じた損害
保険の対象に加工(修理、清掃等の作業を除きます。)を施した場合における加工着手後に生じた損害
保険の対象が日本国外にある間に生じた損害
使用人等の不正行為によって生じた損害
保険の対象の汚れ、擦傷、掻き傷または塗料のはがれ等の単なる外観の損傷であって保険の対象の機能に支障をきたさない損害(これらの損害が他の損害と同時に発生した場合を除きます。)     等

Ride.6 お申込手続き

● お申込み希望の方にはご加入に必要な契約申込書およびパンフレット類をお送りいたしますので、契約申込み書類に必要事項をご記入の上、当社グッド保険サービスまでご返送くださいませ。

申込書類は補償開始希望日の前日までに当社グッド保険サービスまで必着でお願いします。間に合わない場合は書類の訂正が必要となる場合があります。

 

● 資料請求の方にはロードレース保険パンフレットをお送りいたします。ぜひご検討くださいませ。

※推奨販売方針のご確認(保険業法改正に基づき)
当社グッド保険サービスは、お客様のご要望に沿った商品の提供を目的として、複数社の損害保険会社の取扱いをしています。ただし、こちらのロードレース保険は東京海上日動社より募集資料と独自の販売承認を得ている理由にて、他の保険会社との比較をせずに販売いたします。お申込み・資料請求をいただく際にはご了承のうえお願いいたします。

ロードレース保険(車体とパーツ補償)にお申込み希望の方は、下記「お申込みはこちらから」より必要項目などを入力のうえ送信をお願いします。資料請求の方はそのままおすすみください。

 

申込時に必要な項目

● フレームの製造番号とメーカー名 
● 車体およびパーツを含む購入金額と購入年月
 購入後3年以内自転車は、車体の写真と防犯登録証を貼った車体の写真(競輪用は不要)
● 補償開始希望日(事務手続き上、申込日より10日以上先の希望日)

 

  

Ride.7 事故が起きた場合

事故のご連絡

当社グッド保険サービスまたは東京海上日動火災保険・安心110番(事故受付センター)で事故のご連絡を受け付けます。

グッド保険サービス 事故受付 0120-778-160
東京海上日動 安心110番(事故受付センター) 0120-119-110
ご連絡いただく事故内容(例)
事故日時 平成28年10月1日 午前11時頃
事故場所(開催レース) 北海道札幌市 ツールド北海道レース中
(または 東京都渋谷区渋谷1丁目路上)
事故状況 レース中集団落車に巻き込まれ落車。フレームのトップチューブが破断してしまった。
自転車の損害の程度 カーボン製フレームが破断。修理不可能と思われる。
自転車の修理先( 購入先) 購入先 東京都渋谷区〇〇〇サイクルバイク店
電話03-5300-0000
自転車フレームの購入年月・金額 平成26年5月頃購入
フレーム本体価格 25万円
ご準備いただく書類
修理見積書または自転車フレームの購入価格のわかる書類 修理可能な場合は「修理見積書」と「領収書」など
修理不能の場合は「購入時の領収書や保証書」など
破損したフレームの写真 破損した部分の写真とフレームの製品番号が分かる写真
保険会社所定の書類 保険金請求書 など

 破損事故の場合は原則、交通事故証明書や競技主催者や競技施設の事故証明などは不要です(ただし事故の状況によっては提出をお願いする場合があります)。
 盗難事故の場合は警察署への盗難届の受理が必要です。

※いかなる場合におきましても、補償開始日(保険始期日)以前に発生しました破損等の損害は補償の対象となりません。誤って保険金請求をされませんようにご注意ください。

  

保険証券についてのよくあるご質問

保険証券は、お申し込み手続き完了後、概ね10日ほどで引受保険会社・東京海上日動火災保険株式会社より郵送されます。
それ以上長くかかっている場合は郵便事故の可能性もありますので、当社グッド保険サービスまでご遠慮なくお問合せください。
進捗の確認または再発行の手続きをお取りいたします。 その間も補償は有効ですのでご安心くださいませ。

お問合せ  0120-778-160 (証券未着の問合せとお申し出ください)

引受保険会社

● このご案内は概要を説明したものです。詳しい内容については当社グッド保険サービスまでお問合せ・資料請求をお願いします。
ご加入の際はパンフレットおよび重要事項説明書をよくご確認いただき、不明な点はご遠慮なくお問合せのうえ、ご加入ください。

● 「GHSロードレース保険」は株式会社グッド保険サービス独自の販売商品です(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社・動産総合保険)。他の損害保険会社および共済事業者ならびに少額短期保険会社、その他の事業者などが取り扱う自転車に関する保険とは引受条件、補償内容、保険金の支払い条件が異なります。

ロードレース中のその他の補償について(弊社からのおすすめ)

ロードレース中や自転車競技中になどにおけるケガの補償、賠償責任の補償、身の回り品の損害の補償をご希望の方は、当社のスポーツレジャー保険をおすすめいたします。

 

主な補償内容

自転車競技中に落車して大けがをした。

一般道での練習中に、歩行者に接触しケガをさせてしまった。

自転車で転倒した際に、サイクルウェアーが破れてしまった。

 

 スポーツレジャー保険のご案内ページはこちらです