保険料の節減提案

年々アップする管理組合共用部の保険料は管理費を確実に圧迫しており、管理組合にとって保険料の節減は至急の課題となっています。
保険の満期直前に急増した保険料で驚いても、管理会社などの決まった代理店に任せているだけでは保険料節減の機会を逃してしまいます。
ご提案する節減のステップで高騰する保険料の節減に努めましょう。

保険料節減のためのポイント

ポイント1
●ポイント1
損保各社の保険料は築年数や補償内容で大幅に増減し、各社の保険料比較は保険料の節減のためには不可欠です。5社の比較で一番割安な保険会社を選択しましょう。
ポイント2
●ポイント2
最長5年の一括契約は現在一般的となっています。
損保各社の頻繁な料率改定(実質値上げ)も、「5年一括契約」なら期間中(5年間)は影響ありません。併せて5年一括割引で更に保険料を節減できます。
ポイント3
●ポイント3
マンションのリスク状況に合わせた最適な補償を選定し、事故のリスクが低い補償を外すことで保険料を節約。複数社の保険を組み合わせることでも保険料節減効果が期待できます!

5社一括見積りのイメージ

事例:東京都 全84戸 竣工2012年2月  昇降機3基

5社一括見積りのイメージ

(注)花壇、植木が対象となる場合も、破汚損事故は対象外の保険会社もございます。詳細はお問合せ下さい。

複数の保険会社から最適な火災保険を選択できます!

保険料節減のステップ

保険料節減のステップでは「マンションドクター火災保険」のマンション管理士による診断は欠かせません。マンションの診断をした後に保険料が確定し5社の比較が可能となります。同社の保険料は診断結果が良好な場合、保険料が非常に安価なケースが多く、当社の提案する保険料節減手法と組み合わせることによって、更に大きな保険料節減効果が見込まれます。「マンションドクター火災保険」のマンション管理士による診断の実施を推奨いたします。

日新火災のマンションドクター火災保険は
管理状況が良ければ割安な保険料を実現!

保険料節減のステップ マンションドクター

マンションドクター「マンション管理適正化診断サービス」のメリット

メリット1

管理状況の診断は専門のマンション管理士が伺います

メリット2

診断は無料です

メリット3

診断結果に基づき、管理良好な場合保険料大幅ダウン!

メリット4

診断結果は「診断レポート」として無料提供します


築年数別料率と事故件数による保険料増減

築年数別料率のイメージ(A社の場合)

築年数別料率のイメージ(A社の場合)

ワンポイント損保各社の事故件数判定期間

〈例〉2021.1.1 始期の場合

築年数別料率のイメージ(A社の場合)

※判定期間内にカウントされる事故は、事故日ではなく保険金支払い日です。
 管理組合の事故件数判定期間を十分理解して保険請求されることをお勧めいたします


事故件数の算出方法は複雑ですので
お気軽にお問い合せ下さい

ワンポイント

2019年10月の改定で、各社が設定する事故件数判定期間内の事故件数により保険料が大幅に増減することになりました。事故件数が一定以上の場合、高額免責や継続謝絶といったケースも発生しています。