ロードレース保険はこちら! ペットの保険 ご案内とお申込み 新海外旅行保険 インターネット契約サービス専用

選挙の保険

この度の選挙に向け、選対本部ならびに選挙事務所の関係者の皆さまは、必勝体制とご準備に全力を注がれていることと思います。

戦場とも思える短い選挙運動期間中、しのぎを削り身体を張って行う選挙運動では、候補者に成り代わって支援を説く運動員の方の思わぬケガが心配です。

また、多くの有権者と交流される中では不測の事故も心配です。目が届かなかったとはいえ万が一の事故で選挙運動に支障が出てしまっては元も子もありません。せめて賠償資力の確保だけは手当をしたいものです。

そんな選挙事務所関係者の皆さまのご心配にお応えするべく選挙の保険をご案内します。
ぜひご導入のうえ、後顧の憂い無く選挙運動に邁進できますよう心から祈念申し上げます。

選挙の保険 おすすめプラン

この選挙の保険おすすめプランは運動員のケガの補償(傷害総合保険)と選挙運動の賠償責任の補償(選挙活動賠償責任保険)をセットしたプランです。

選挙の保険 おすすめプラン表
 保険期間(契約期間)1か月間     
ご契約タイプ 必勝プラン 常勝プラン

保 

険 

金 

額 

 









償※
 死亡•後遺障害保険金額 1,000万円  500万円 
 入院保険金日額 (限度日数180日) 10,000円  5,000円 
 通院保険金日額 (限度日数90日) 5,000円  3,000円 











 賠償責任保険金額
(自己負担額:1事故1万円)
1億円限度  5,000万円限度 
 事故対応特別費用
(1事故・期間中)
1,000万円限度  1,000万円限度 
 借家人賠償責任
(耐火構造1戸室につき)
3,000万円限度  3,000万円限度 
 受託者賠償責任
(自己負担額:1事故5,000円)
100万円限度  100万円限度 

運動員 30名の場合の保険料
(一時払い)

112,860円  66,230円 
運動員 50名の場合の保険料
(一時払い)
185,460円  108,030円 
運動員100名の場合の保険料
(一時払い)
366,960円  212,530円 
運動員200名の場合の保険料
(一時払い)
729,960円  421,530円 
運動員300名の場合の保険料
(一時払い)
1,092,960円   630,530円 

 ※ケガの補償の算出条件 職種級別A級 準記名式全員付保5%割増適用

保険期間

● ご指定の日より1か月間。 

契約者となるのは 候補者、選挙事務所責任者
被保険者(保険の対象となる者) 候補者を含む選挙運動員全員
※選挙事務所の業務に関するかぎりにおいて被保険者となります。

1 運動員のケガの補償部分について

運動員のケガの補償

選挙運動員の傷害保険選挙運動員全員を被保険者(保険の対象者)とし、それらのものがその選挙活動中および日常生活中において被る傷害を補償する無記名式の保険です(病気は補償しません。)。

保険金をお支払する主な場合と保険金

選挙運動中および日常生活中において生じた急激かつ偶然な外来の事故によるケガで、死亡・後遺障害、入院・手術、通院も補償します。

保険金の種類 保険金をお支払いする場合
死亡保険金 急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、死亡・後遺障害保険金額の全額をお支払いします。ただし、すでに後遺障害保険金をお支払いしている場合は、その金額を差し引いてお支払いします。
後遺障害保険金 急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合、その程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%~100%をお支払いします。ただし、お支払いする後遺障害保険金の額は、保険期間を通じ、死亡・後遺障害保険金額を限度とします。
入院保険金(入院1日目から補償) 急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、入院された場合、入院日数に対し、1,000日を限度として、1日につき入院保険金日額をお支払いします。

入院保険金の額 = 入院保険金日額 × 入院日数(1,000日限度)
手術保険金 急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、そのケガの治療のために病院または診療所において、以下①または②のいずれかの手術を受けた場合、手術保険金をお支払いします。ただし1事故につき1回の手術に限ります。
①公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に、手術料の算定対象として列挙されている手術(※1)
②先進医療に該当する手術(※2)

(※1)以下の手術は対象となりません。
創傷処理、皮膚切開術、デブリードマン、骨または関節の非観血的または徒手的な整復術・整復固定術および授動術、抜歯手術
(※2)先進医療に該当する手術は、治療を直接の目的としてメス等の器具を用いて患部または必要部位に切除、摘出等の処置を施すものにかぎります。

入院中に受けた手術は入院保険金日額の10倍、外来で受けた手術は入院保険金日額の5倍をお支払いします。ただし、1事故につき1回の手術にかぎります。なお、1事故に基づくケガに対して、入院中および外来で手術を受けたときは、〈入院中に受けた手術の場合〉の手術保険金をお支払いします。

〈入院中に受けた手術の場合〉
手術保険金の額=入院保険金日額×10(倍)

〈外来で受けた手術の場合〉
手術保険金の額=入院保険金日額× 5(倍)
通院保険金(通院1日目から補償) 急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされ、通院された場合、事故の発生の日からその日を含めて1,000日以内の通院日数に対し、90日を限度として、1日につき通院保険金日額をお支払いします。ただし、入院保険金をお支払いするべき期間中の通院に対しては、通院保険金をお支払いしません。

通院保険金の額=通院保険金日額×通院日数(事故の発生の日から1,000日以内の90日限度

(※)通院されない場合であっても、骨折、脱臼、靭帯損傷等のケガをされた部位(脊柱、肋骨、胸骨、長管骨等)を固定するために医師の指示によりギプス等を常時装着したときはその日数について通院したものとみなします。
(注)通院保険金の支払いを受けられる期間中に新たに他のケガをされた場合であっても、重複しては通院保険金をお支払いしません。

保険金をお支払いできない主な場合(傷害総合保険)

故意または重大な過失 

自殺行為、犯罪行為または闘争行為

無資格運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬等により正常な運転ができないおそれがある状態での運転

脳疾患、疾病または心神喪失 

妊娠、出産、早産または流産 

外科的手術その他の医療処置 

戦争、外国の武力行便、暴動(テロ行為を除きます。)、核燃料物質等によるもの 

地震、噴火またはこれらによる津波 

頭(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で医学的他覚所見のないもの 

ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、ロッククライミング(フリークライミングを含みます。)、航空機操縦(職務として操縦する場合を除きます。)、ハンググライダー搭乗等の危険な運動を行っている間の事故 

自動車、原動機付自転車等による競技、競争、興行(これらに準ずるものおよび練習を含みます。)の間の事故     など

2 選挙活動の賠償責任の補償について

選挙活動の賠償責任の補償

選挙事務所に法律上の賠償責任があると認められた次のような事故につき、損害賠償金を保険金としてお支払いします。

 

 選挙事務所の造作の不備で来客がケガをした。
運動員が独自に設置したポスター、看板等の設置ミスにより通行人がケガをした。
運動員が選挙活動中に誤って、第三者の積んであった商品を崩し、その商品を壊してしまった。
運動員が自転車演説会場の設営に向かう途中うっかり通行人と接触して大ケガをさせてしまった。
 街頭演説中、強風で設置が不十分だったのぼりが倒れ、聴衆の顔面にケガをさせてしまった。

保険金をお支払いする主な場合と保険金

選挙事務所が選挙運動のために所有、使用もしくは管理する各種施設・設備・用具などの構造上の欠陥や管理の不備による場合や、選挙運動での不注意によって発生した偶然な事故による場合に、第三者の生命もしくは身体を害し、または第三者の財物を滅失、破損もしくは汚損した事故に対し、選挙事務所が法律上の損害賠償責任を負担することにより被る損害に対して保険金をお支払いします。

保険金の種類 内容
損害賠償金 法律上の損害賠償責任に基づいて損害賠償請求権者に対して支払う治療費・慰謝料や修理費等
(損害賠償請求権者に対する遅延損害金を含みます。)
損害防止費用 事故が発生した場合の損害の発生または拡大の防止のために必要または有益であった費用
権利保全行使費用 発生した事故について、他人から損害の賠償を受けることができる場合に、その権利を保全または行使するために必要な手続に要した費用
緊急措置費用 損保ジャパン日本興亜が発生した事故の解決にあたる場合、損保ジャパン日本興亜へ協力するために要した費用
争訟費用 損害賠償に関する争訟について支出した訴訟費用、弁護士報酬等の費用

保険金をお支払いできない主な場合(賠償責任保険)

契約者または被保険者の故意
地震、噴火、洪水、津波またはこれらに類似の自然変象による事故
被保険者が所有、使用または管理する財物に対する事故
選挙運動員が選挙活動業務中に負ったケガなどの事故
施設の新築、改築、修理、取り壊し等の工事による事故
自動車、船舶、飛行機、昇降機による事故
給排水管、冷暖房装置、消火栓等からの排出、漏水による財物の損壊 
提供した飲食物によって生じた事故
他人から賃借または預かった物を壊した場合   など
                                    

(1)事故対応特別費用担保 オプション

事故対応特別費用担保

前記のような事故により損害賠償請求が発生した場合、損害保険金の他に次のような費用をお支払いする特約です。


① 訴訟に対応するために支出した費用
例:裁判所に提出する文書作成費用、事故の原因調査費用、鑑定書作成費用など


② 初期対応費用
例:事故現場の保存、記録、取り片付け費用など

 

 保険金額(お支払限度額):1事故/期間中 1,000万円/1,000万円

(2)借家人賠償責任担保 オプション

借家人賠償責任担保
借用した事務所(注)を次のような事故で損壊させ、建物を所有されている方に対して法律上の賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします。


(注)賃貸契約がなされている事務所にかぎります。
  ・火災
  ・破裂
  ・爆発

(3)受託者賠償責任担保 オプション

受託者賠償責任担保
有償・無償を問わず借用した事務用機器を選挙事務所内外で保管、管理している間に、火災、盗難、取り扱いの不注意による破損などにより、貸し出している方に対して法律上の賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします。

 

(注)主に以下の場合には保険金をお支払いできませんのでご注意ください。(※詳細は約款を参照)
選挙事務所に来訪された方から預かった手荷物等が事務所内で盗難にあった
選挙カーに取り付けた借用拡声器等(その自動車に定着または装備された受託物)を損壊した
  

事故が起きたら

事故が起こった場合は、遅滞なく損保ジャパン日本興亜または取扱代理店までにご通知ください。遅滞なくご通知いただけなかった場合は、保険金の全額または一部をお支払いできないことがありますので、ご注意ください。


賠償責任を補償するご契約の場合、賠償事故などにかかわる示談につきましては、必ず損保ジャパン日本興亜とご相談のうえ、交渉をおすすめください。事前に損保ジャパン日本興亜にご相談なく示談された場合は、保険金の一部または全額をお支払いできないことがありますので、ご注意ください。


(注)この保険には示談交渉サービスはありません。相手の方との示談につきましては、損保ジャパン日本興亜とご相談頂きながら被保険者ご自身で交渉をすすめて頂くことになります。

※このご案内は「傷害総合保険」および「選挙活動賠償責任保険」の商品概要を説明したものです。詳細につきましては「商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」「ご契約に際しての重要事項(契約概要)」「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。

お問い合わせ・資料請求

お見積り希望の際には以下の項目をお知らせください。

 

選挙運動期間中の運動員の人数

引受保険会社

募集文書 SJNK16-80436(2017.2.27)