ロードレース保険はこちら! ペットの保険 ご案内とお申込み 新海外旅行保険 インターネット契約サービス専用

マンション管理組合 節減隊

「マンション管理組合保険節減隊」は、マンション管理組合運営に関する様々な最新情報をご提供し、好評の5社一括見積を活用した合理的な節減方法をご案内し、管理費節減のお役に立ちたいと考えております。

 

ぜひマンション管理組合の保険(共用部分)についてお問合せ・お見積りくださいませ。

1.マンション管理組合の保険の保険料節減のポイントとは

マンション管理組合の保険料節減は築年数別料率がポイントです!!

現況


  • マンション管理組合の保険は各保険会社が築年数別料率を採用したために、築年数が経過する毎に保険料がアップしています。(5年単位の保険料体系等)

分析


  • 賠償特約部分(マンション居住者包括賠償特約・マンション共有部分賠償特約)の保険料が大幅にアップしています。

(対策)

①マンション居住者包括賠償特約を補償対象外とする (メリット) マンション管理組合が負担する保険料が節減できます。 

(デメリット) 日常生活において区分所有者が第三者にケガを負わせる等をして法律上の損害賠償責任を負った際は自己負担になる。 
               ↓
本特約を補償対象外とする旨の住民の合意が重要です(総会等) 
②マンション共用部分賠償特約を補償対象外とし、別途施設賠償責任保険にて準備 (メリット) マンション管理組合が負担する保険料が大幅に節減できることがあります。
③その他対策 まだまだあります。是非ご相談ください!!

※ 対策はあくまで一例です。各マンションの状況等によって内容が異なります。

2.保険料節減にむけてのステップ

複数保険会社による比較見積もり入手

  • 各保険会社よりマンション管理組合向け専用の保険商品が販売されています。

    設計内容により各保険会社の保険料は均一ではありません。
    補償項目の中にも基本契約で自動的に補償されるものと特約により補償するものなど、商品の内容は各保険会社様々です。

    よって、補償内容を同水準にした場合でも、各保険会社の保険料に差が出ることになります。

長期一括契約の検討

5社一括見積書のイメージ

  • 5年一括契約(年間保険料×約4.3倍) 約14%節約
  • ※各保険会社により異なります。
    ※同一名称商品であっても各保険会社によって補償内容は異なりますので、実際のお見積時には詳細をご説明いたします

補償内容の検討(不要な補償を補償対象外とする)

  • 臨時費用保険金を不担保に

    火災保険に付帯されている「臨時費用保険金(※1)」は、マンション管理組合専用の火災保険では付帯せずに補償対象外にすることができます
    損害額が補償されれば、別途支払われる臨時費用保険金は必要ないと判断するマンション管理組合は少なくありません。

  • 水災保険金を補償対象外とすることを検討

    「水災保険金(※2)」は、マンション管理組合専用の火災保険では補償対象外とすることができます。
    水災が発生する可能性が少ないマンション(高台に立地のマンション等)では、検討をお勧めいたします(※3)

    ※1 損害保険金が支払われる場合、損害保険金の10%を支払います。(ただし、1事故100万円が限度)
    ※2 建物共用部分が床上浸水、もしくは地盤面より45cmを超える浸水を被った場合、または建物共用部分に建物評価額の30%以上の損害が発生した場合
    (※1※2は各保険会社により異なります。)
    ※3 水災保険金の補償の有無の選択に際しては、過去の洪水状況などをお調べになり、ご購入時の不動産業者などに水災の可能性について確認される等、水災のリスク実態を十分ご確認いただいた上でお決めください。

    

ステップ1のパターン  保険会社5社による一括見積り(画像は4社分)


  • 現契約補償内容で一括見積り
    • 5社での一括見積りでご希望に沿った保険会社選定

* 費用保険金や特約は各保険会社によって名称が異なります。

* 各保険会社により補償内容が異なる場合もございますので、ご注意ください。ご不明な点はお問合せください。

  現契約保険会社

 

   
補償内容 A 保険会社 B 保険会社 C 保険会社 D 保険会社
共用部分評価額 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円
約定付保割合 100%
100%
100%
100%
共用部分保険金額 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円
マンション居住者包括賠償特約 1億円 1億円 1億円 1億円
マンション共用部分賠償特約 1億円 1億円 1億円 1億円
 
1年契約保険料 *****円 表中最安 *****円 *****円
 




火災,落雷,破裂・爆発 
 風災・雹(ひょう)災・雪災
 物体の落下・飛来,盗難
水ぬれ損害 
 破損・汚損損害
 水災
 




水ぬれ原因調査費用
 臨時費用
 失火見舞費用
 



 マンション居住者包括賠償特約 免責 0円  免責 0円  免責 0円  免責 0円 
 マンション共用部分賠償特約 免責 0円  免責 0円  免責 0円  免責 0円 
  

ステップ2のパターン  長期一括の契約の導入


  • パターン1と同補償内容で長期一括(1年~5年)見積り
    • 長期一括契約の導入で、1年当たりの保険料を節減
      • 長期5年一括契約で、保険料を節減

* 費用保険金や特約は各保険会社によって名称が異なります。

* 各保険会社により補償内容が異なる場合もございますので、ご注意ください。ご不明な点はお問合せください。

 

     現契約保険会社

 

   
補償内容 A 保険会社 B 保険会社 C 保険会社 D 保険会社
共用部分評価額 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円
約定付保割合 100%
100%
100%
100%
共用部分保険金額 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円
マンション居住者包括賠償特約 1億円 1億円 1億円 1億円
マンション共用部分賠償特約 1億円 1億円 1億円 1億円
 
1年契約保険料 *****円 *****円 *****円 *****円
    
 5年一括保険料 *****円 表中最安 *****円 *****円
 1年当り保険料 *****円 表中最安 *****円 *****円
 




火災,落雷,破裂・爆発 
 風災・雹(ひょう)災・雪災
 物体の落下・飛来,盗難
水ぬれ損害 
 破損・汚損損害
 水災
 




水ぬれ原因調査費用
 臨時費用
 失火見舞費用
 



 マンション居住者包括賠償特約 免責 0円  免責 0円  免責 0円  免責 0円 
 マンション共用部分賠償特約 免責 0円  免責 0円  免責 0円  免責 0円 
  

ステップ3のパターン  補償内容の検討 不要な補償を補償対象外とする


更に保険料を節減するために

  • 臨時費用保険金不担保・水災保険金補償対象外の導入(リスク実態による)
    • 約定付保割合を100%⇒60%に変更する(全焼の可能性が低いため)
      • 保険料の最も経済的なC保険会社での契約を決定

* 費用保険金や特約は各保険会社によって名称が異なります。

* 各保険会社により補償内容が異なる場合もございますので、ご注意ください。ご不明な点はお問合せください。

 

     現契約保険会社    ↓最も経済的な
保険会社
 
補償内容 A 保険会社 B 保険会社 C 保険会社 D 保険会社
共用部分評価額 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円
約定付保割合 60%
60%
60%
60%
共用部分保険金額 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円 2,146,000千円
マンション居住者包括賠償特約 1億円 1億円 1億円 1億円
マンション共用部分賠償特約 1億円 1億円 1億円 1億円
 
1年契約保険料 *****円 *****円 *****円 *****円
    
 5年一括保険料 *****円 *****円 表中最安 *****円
 1年当り保険料 *****円 *****円 表中最安 *****円
 




火災,落雷,破裂・爆発 

 風災・雹(ひょう)災・雪災

 物体の落下・飛来,盗難
水ぬれ損害 
 破損・汚損損害
 水災 × × × ×
 




水ぬれ原因調査費用
 臨時費用 × × × ×
 失火見舞費用
 



 マンション居住者包括賠償特約 免責 0円  免責 0円  免責 0円  免責 0円 
マンション共用部分賠償特約 免責 0円  免責 0円  免責 0円  免責 0円 

各ステップのパターンは節減方法のイメージを示したものです。詳しくはお問合せください。

各社の無料お見積りいたします