ロードレース保険はこちら! ペットの保険 ご案内とお申込み 新海外旅行保険 インターネット契約サービス専用

ドローン保険

小型無人ヘリコプター、いわゆるドローンは、農薬散布、航空写真撮影、広告宣伝、災害調査、警備、設備・工事現場等の点検・測量等さまざまな業務に利用されており、今後その用途の一層の拡大と普及が見込まれます。一方で、ドローンの利用には、落下や衝突等により、機体自体の損壊リスクや第三者への損害賠償リスクが伴います。

 

 

(主な事故例) 

        • 対人賠償 ドローンの着陸時に目測を誤り、機体が歩行者に接触し、ケガを負わせてしまった。
        • 対物賠償 ドローンの操縦ミスにより、機体が他人の屋根に衝突し、屋根を損壊してしまった。
        • 機体の損壊 ドローンの操縦ミスにより、着陸に失敗し、機体が大破した。
        • 機体の捜索・回収 空撮中に機体の行方がわからなくなり、機体の捜索のための交通費と宿泊費が必要となった。

  

  • 当社では、事業者の皆さまのドローンの業務利用を後押しできますようドローン保険の販売を推進しています。

日頃より全国各地からお申込・お問合せをいただき誠にありがとうございます。

 

現在、民間会社はもとより官公庁、研究機関、地方自治体様からも多数のお申込をいただいております。非営利法人様もご遠慮なくお問合せくださいませ。

ドローン保険(引受保険会社 東京海上日動)のご案内

保険の対象となるドローン

貴社が所有する総重量※150kg未満かつ保険金額10万円以上の産業用無人ヘリコプター

 

※燃料、薬剤、機器等すべてを搭載した状態での重さをいいます。

なお燃料、薬剤は保険の対象には含まれません。

 

(レジャー用および曲技用のドローンはお引受できません)

補償の対象となる主な事故

ドローン保険は機体本体の損害と第三者への損害賠償を補償します。

 

① 機体にかかわる補償(動産総合保険)

 
保険期間中にドローンに生じた、不測かつ突発的な事故を補償します。

 

(不測かつ突発的な事故例)

墜落や他物との接触
火災、落雷、爆発
ひょう災、雪災、水濡れ(水災を除きます)
外部からの物体の飛来または衝突
盗難、いたずら        等

※ドローンの水没事故のお支払いについて
海や河川・湖などでのドローンの水没事故につきましては、一定の条件を満たせばお支払いの対象となります。

② 第三者への損害賠償にかかわる補償(施設賠償責任保険)


ドローンの所有、使用または管理に起因して、所有者(貴社)が他人の身体の障害または財物の損壊について法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

 

 

お支払いする主な保険金

● 機体にかかわる補償

 

①機体の損害保険金(免責0)

②臨時費用保険金(オプション)

③残存物取片づけ費用保険金

④捜索・回収費用保険金

⑤権利保全費用

⑥損害拡大防止費用(支払限度額や補償割合等の一定の条件のもとで補償します。)

● 第三者への損害賠償の補償

 

①第三者への法律上の損害賠償金(免責0)

②争訟費用

③損害防止軽減費用

④緊急措置費用

⑤協力費用

補償の対象とならない主な損害

機体にかかわる損害 ・被保険者の故意もしくは重大な過失または法令違反によって生じた損害
・ブレードに単独で生じた損害
・操縦中の保険の対象の行方がわからなくなり、発見されなかったことによる損害
・日本国外にある保険の対象について生じた損害
・保険の対象に対する修理、清掃等の作業中における作業上の過失・技術の拙劣によって生じた損害
・電気的または機械的事故によって保険の対象に生じた損害
・保険の対象の自然の消耗または性質によるさび、かび、変質、変色その他これらに類似の事由またはねずみ食いもしくは虫食い等によってその部分に生じた損害
・保険の対象のかしによって生じた損害
・地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害およびこれらの事由によって延焼または拡大して生じた損害 
・保険の対象に加工を施した場合、加工着手後に生じた損害
・台風、暴風雨、豪雨等による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れ等の水災によって生じた損害  等
第三者への損害賠償 ・保険契約者または被保険者の故意
・戦争(宣戦の有無を問いません。)、変乱、暴動、騒じょうまたは労働争議
・地震、噴火、洪水、津波または高潮
・他人との特別の約定によって加重された賠償責任
・被保険者が所有、使用または管理する財物の損壊
・被保険者の使用人が被保険者の業務に従事中に被った身体障害(死亡を含みます。)
・石綿(アスベスト)、石綿の代替物質等の発がん性その他の有害な特性に起因する事故
・汚染物質の排出・流失・いっ出または漏出(ただし、排出等が不測かつ突発的かつ急激で、所定の期間内に発見・通知された場合はお支払いの対象となります。)   等

☆ 個人および個人事業主でも業務使用目的であればお引受可能な保険会社もあります。詳しくは当社までお問合せくださいませ。

すでにドローンをお持ちのお客様へ

お見積りに際し下記情報を備考欄に記載くださいませ。

メーカー名

機種名

機体シリアル番号

使用目的

購入価格(付属品を含む)

購入年月

保険開始希望日

無人航空機の飛行許可申請とドローン保険について

現在ドローンの制限空域の飛行については、許可申請が必要となっておりますが、許可申請書の確認項目のひとつに「ドローン保険の加入状況」がございます。

すでにドローン保険をご加入済みの場合は「第三者賠償責任保険の加入状況」の対人と対物にチェックをし、補償金額を記入するようになっております。補償額は対人対物共通5億円などのように記載してください。

 

速やかな飛行許可取得のためにも、申請時にはすでにドローン保険(第三者への賠償責任保険)を加入済みであることをおすすめしております。

 

ドローン落下防止のために

高性能のドローンであっても落下事故が後を絶ちません。

落下の原因として意外と見落としがちなのが、気象環境や電波環境があります。

風速 気圧 湿度 電磁波 GPS電波 などです。

 

GPS受信機は複数のGPS衛星からの電波を受信してそれぞれとの距離を割り出すことにより、現在位置を測定することができるシステムです。3つの衛星が見えるところでは緯度と経度を、4つの衛星が見えるところではこれに加えて高度を割り出すことができます。(衛星の情報はスマホやIphone用のGPS衛星位置アプリなどで確認できます)

 

ドローンの安定的な飛行・操縦のためにも、自然環境や電波環境にもどうぞご留意くださいませ。

すでにドローンをお持ちのお客様へ

お見積りに際し下記情報を備考欄に記載くださいませ。

メーカー名

機種名

機体シリアル番号

使用目的

購入価格(付属品を含む)

● 購入年月

● 保険開始希望日

保険証券についてのよくあるご質問

保険証券は、お申し込み手続き完了後、概ね2週間ほどで引受保険会社より郵送されます(保険証券は2種類あります)。

それ以上長くかかっている場合は郵便事故の可能性もありますので、当社までご遠慮なくお問合せください。
再発行の手続きをお取りいたします。 その間も補償は有効ですのでご安心くださいませ。
お問合せフリーダイヤル 0120-77-8160 (証券未着の問合せとお申し出ください)

引受保険会社

※このご案内は概要を説明したものです。詳しい内容については弊社までお問合せ・資料請求をお願いします。
ご加入の際はパンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明 注意喚起情報のご説明」をよくご確認いただき、不明な点はご遠慮なくお問合せのうえ、ご加入ください。

個人のドローン保険(ホビー用)のプランのご案内

ドローンを個人の趣味やレジャー目的などで利用される方のドローン保険(ホビー用)はこちらをご検討ください。